火災現場から救出されたデスクトップパソコンのハードディスクからのデータ復元に成功いたしました。

今年、仙台市内にて発生した火災(消防車18台、ヘリ1台出動の全焼火災)現場より
救出されたデスクトップパソコンのハードディスクから、無事にデータ復元に成功いたしました。

火災により筐体は焦げ、空冷ファンなどのプラスチック部は溶けておりました。
取り出したハードディスク(HDD)も内外部ともに被害を受けておりました。
お預かりの時点にて筐体の損傷が激しく、データ復元の見込みは決して高い状況ではありませんでした。

 

分解検証の結果、データ部への致命的な影響は何とか回避しており物理的処置を実施のうえ
イメージデータの取得に成功し、データの抽出に至りました。
お客様の最も復元を希望とするファイルを含め、ほぼ全データに近いデータの復元に成功いたしました。

無事にお客様へのデータ納品も完了し、喜びと感謝の言葉をいただきました。

これもお客様の”大切なデータを取り戻したい”の一心で、サービスを提供しております。

データ復元センターは高度な技術を低価格にてご提供することをお約束いたします。

技術部広報

追伸
今回、サービスをご利用いただきました仙台市内のお客様は火災被害を経験されたにも関わらず、
掲載の許可及び筐体のご提供など多大なるご協力をいただきました。
改めまして感謝申し上げます。
今後益々ご発展ご飛躍なさいますことをお祈りいたします。