2006年 12月 13日

かねてより不具合の多発しているWestern Digital(ウェスタンデジタル)製BIOS誤認識障害のデータ復旧・復元に成功しました。

<シリーズ>
WD Caviar
WD Caviar SE
Protege

<型番>
WDxxxxAB
WDxxxxEB
WDxxxxBB
WDxxxxJB
WDxxxxLB
WDxxxxPB

WD200
WD400
WD600
WD800
WD1200
WD2500
WD3000

データ復元センターにおいて通常のスキャン方法(PC接続)では認識不能な障害や異音が発生しているもの、BIOSで誤認識しているWesternDigital(ウェスタンデジタル)製のファームウェア(トラック0)障害からのデータ復旧・復元が可能となりました。

一般的な情報として出回っている基板交換作業ではさらに状況が悪化するおそれがあります。
お客様ご自身によるスキャン作業はおすすめ出来ません。

BIOS誤認識障害などのファームウェア(トラック0)障害は高度な技術力のデータ復元センターにお任せください。

一般的な復旧・復元ソフトでは確実にデータは取り戻せません。
また一部復旧会社においては重度障害と診断され、データ復元・復旧不能となり対応不可案件となっているかと思います。

Maxtor製ディスクの障害につづき、今回のWesternDigital(ウェスタンデジタル)製ディスクのデータ復旧・復元の成功は当社においてさらなる技術力の向上として確信しております。

「技術力」 にはかなりの「自信」を持っております。

今後もさらなる研究を重ね、障害ディスクの克服と技術力の向上を目指します!

そしてお客様の大切なデータを確実にデータ復元・復旧いたします。

当社では高度な技術力かつ低価格にてデータ復元・復旧をご提供いたします。

技術責任者 杉村