2006年 11月 6日

【号外】

今回は当社の技術力の一部を公開いたします。

当社では日々、大量のハードディスクの研究をしております。
すべてのハードディスクには個々の制御・コントロール情報が書き込まれており、
この情報はワードやエクセルなどの作成したデータとは違い、
ハードディスクを動かしているいわゆる “核” の部分です。

この情報を最低抽出条件として、ディスク情報を把握し、データ復元・復旧作業に着手いたします。

今回は、当社の作業工程の中で、ディスク情報(HDDid)の書換えを実施したことを証明する画像を公開させていただきます。
*(通常は書換えは実施いたしませんあくまで研究過程の一部です。)

画像にあるハードディスクは通常BIOSの画面にて

“Maxtor 32049H2”と表示(認識)されるのですが、

当社の特殊作業により

“DATA FUKUGEN(データ復元) 32049H2”

*画像をクリックして確認して下さい。

と変更されているのが確認出来ます。

この作業もディスク情報をすべて把握している当社だからこそ出来る作業であり簡易的な設備や、市販の復元・復旧ソフト使用では決して出来ません。

高度な技術と的確な情報収集があってこそ出来る「術(すべ)」
すなわち“技術力”なのです。

データ復元・復旧の「技術力」に「自信」があります。

ぜひ、安心して当社へデータ復元・復旧をお任せください。
そして高度な技術を低価格にてご提供いたします。

技術責任者 杉村